カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

ガラスフィルム施工のご案内・お申込

■フィルムの種類と構造
        クリックで映像説明へ移動(ガラス飛散実験映像をアップしました。)
■フィルム施工サービス 提供エリア
■施工料金
■お見積のご依頼
■フィルムの効果について
■フィルムを貼った後の外観・見栄え
■お支払い方法について

■フィルムと施工のQ&A コーナー

<ガラスフィルムは、「フィルム」ではなく「安心そのもの」です>
ガラスフィルムを貼ってみたときの、「安心感」を実感してください。



フィルム施工サービス 提供エリア
<種類>
ガラスフィルムは、大きく分けて2種類があります。
「飛散防止(防災)フィルム」「防犯フィルム」です。
防犯フィルムは、飛散防止フィルムに比べて厚く作られており、飛散防止効果も持ちます。
飛散防止フィルムは、防犯フィルムより薄く、防犯効果を持ちません。

<材質>
フィルムは、ペットボトルと同じポリエステル樹脂(PET)を使用しております。
透明度が高く、現在使われているフォルムの多くがPET素材です。
接着材は、透明感圧接着剤といわれる、透明度の高いものを使用しております。
もちろん、ハウスシック症候群の原因として疑わしい規制薬品は含みません。

フィルムの種類と構造



■ガラス飛散実験映像 公開中 >>>>

飛散防止フィルム(50ミクロン)を貼り付けたガラスに石を投げてみたときの
飛散の程を記録いたしました。
映像はコチラをクリック ガラス飛散実験の映像を見る
再生時間:1分15秒
ファイルサイズ:4.5MB
ファイル形式:WMV

※再生にはWindows Media Playerが必要です。
※快適にご覧頂くために、ファイルをダウンロードをしてからご覧頂くことをお勧めいたします。
(ボタン上で右クリック→「対象をファイルに保存」で、ダウンロードできます。)


このページのtopに戻る
フィルム施工サービス 提供エリア

グリーンクラブがガラスフィルム施工サービスを提供しているエリアは、以下の図をご参照ください。
「うちはどうなんだ?」と思われた方もお気軽にお問い合わせください。

グリーンクラブ お問い合わせ 電話 048-660-1611
                   e-mail info@e-green-club.com
施工サービス提供エリア

このページのtopに戻る
施工料金

  施工料金は、材料費・施工費・税込みで、以下のようになっております。

防犯フィルム飛散防止フィルム
厚さ200ミクロン50ミクロン
1屬△燭蠅領繕>13,230円9,450円

※390ミクロン厚、凹凸ガラス用フィルムもございます。ご相談下さい。


このページのtopに戻る


お見積のご依頼について

フィルム施工のお見積は施工をするガラスのサイズに依存します。
また、きれいにフィルムを貼り付けるために、ミリ単位の採寸が必要となりますので、
お見積の前に、一度グリーンクラブスタッフがお伺い、採寸をさせていただきます。

お見積申込後、グリーンクラブからご連絡をさせていただき、
1.測定に伺う日程を調整
  ↓
2.日程のご連絡
  ↓
3.採寸
  ↓
4.お見積のご連絡
という流れとなります。

お見積のご依頼はコチラをクリック お見積のお申込フォームへ移動します。(施工のお申込ではありません。お気軽にご利用ください。)

このページのtopに戻る


フィルムの効果

フィルムには、飛散防止や防犯を含め、次のような効果がございます。

<効果1>防災効果・防犯効果(防犯フィルムのみ)
ガラスが割れたあとの飛散を防ぎます。ガラス飛散は避難に支障をきたす場合があるほか、
片付けにもケガ危険が伴うのは、言うまでもありません。
「防犯フィルム」にももちろん飛散防止効果がありますが、
「飛散防止フィルム」は防犯効果を狙って作られたものではございません。

<効果2>98%UVカット
紫外線を98%カットします。
家具や畳などの日焼けや劣化を防ぐと共に、ジリジリ来る日差しの緩和にも有効と言えます。
お肌のケアの一環としてフィルム貼り付けなんて、ちょっとパイオニアですね。
(※日差しの暑さの感じ方には個人差がございます。)

<効果3>すばやい避難
フィルムを貼ったガラスは、内側からは簡単に打ち破ることができます。
火災や地震後の避難の際には、打ち破ることができることに加え、
フィルムが貼られていれば、ガラスが板状に外れますので、安全に割って避難することができます。

<効果4>衝突事故の二次災害防止
幼稚園や保育所など、特にお子様が多い場所では、お子様のガラス衝突事故が心配の一つです。
そんな場所においても、ガラスフィルムは安心を提供してくれます。
仮にガラスに衝突したとしても、お子様に割れたガラスが降り注ぐ事態を回避することができます。


このページのtopに戻る


施工後の見栄え

フィルムを貼るときに最も気にされるのが「フィルムを貼った後の見栄え」です。

フィルムを貼りますので、厳密にはガラスの透明度は若干損なわれますが、貼ってあることにも気づかないことがあるくらいの損失度です。
また、施工時に、どうしてもフィルムとガラスの間にチリが混入することがありますが、これも目立つものは除去して、お客様にご確認いただいておりますので、ご心配いりません。

また、フィルムには表面の強度を確保するためにハードコーティングがなされており、これが遠くから見ると虹色に光って見えることがあります(ハレーションと呼んでおります)。
しかし、これは透明度を大きく損失するものではなく、目立つものではございません。ご安心ください。


<フィルムの強度とお掃除について>
先述の通り、フィルムの表面にはハードコーティングがされています。このコーティングの硬さは「2H」(鉛筆の硬さのあらわし方と同じ)です。
日常生活において傷になることはございません。しかし、硬いものをぶつけたり、鋭利なものを立てたりすると、傷になりますので、お気をつけください。
お掃除につきましても、雑巾やワイパーなど、やわらかいものを使った清掃では傷がつきにくい強度となっております。
※樹脂製のスキージー(へら)やスクレーパー(カッターの刃のようなもの)でのお掃除は、傷になるばかりでなく、フィルムをはがしてしまうおそれがございますので、おやめください。

このページのtopに戻る


お支払い方法

基本的には現金一括払いとなりますが、
割賦払いもご用意いたしておりますので、ご入用の際にはお問い合わせくださいませ。

このページのtopに戻る


フィルムとその施工に関するご質問とお答えをまとめてあります。
施工のご検討にお役立てください。

フィルムと施工のQ&A
このページのtopに戻る

ページトップへ