カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

バイオチャレンジ の よくある質問

よくある質問

Q:ペットに直接吹きかけても大丈夫ですか?

A:眼以外は大丈夫です。散歩帰りの足裏や耳の中、皮膚病予防などにもおすすめです。
Q:スプレーした場所をペットが舐めてしまったけど

A:バイオチャレンジの安全性は食塩や砂糖と同等です。ペットが舐めたとしてもなんら問題はありません。しかし、あくまで飲料ではありませんのでご注意ください。
Q:希釈する水は何でもいいんですか?

A:バイオチャレンジは有機物と反応してしまいます。有機物が含まれる水(井戸水も不可です)は避けて、水道水や精製水をご使用ください。  
Q:希釈液が残ってしまったけど?!

A:残ってしまった希釈液は、しっかりと栓をして直射日光の当たらない場所に常温で保管してください。そして、早めに使い切るよう心がけてください。
Q:希釈液原液をそのまま使用してもいいですか?

A:緊急処方として原液のそのままのご使用も可能です。ただし、塩素がやや高くなりますので、換気は充分に行なってください。 
Q:持続タイプと即効タイプはどう使い分けたらいいですか?

A:持続タイプは持続性に優れ、緩やかな効果を発揮します。一般愛犬家やペットショップに適しています。即効タイプは持続タイプに比べ、効果が早く表れるように作られています。動物病院やブリーダーに適しています。
Q:スプレーしたバイオチャレンジはどれくらい残存しますか?

A:持続タイプで約144時間、即効タイプで約96時間残存することが確認されています。バイオチャレンジが持続性に優れているといわれる由縁です。(残存時間は環境により異なります)
Q:保管していたバイオチャレンジが変色してしまったよ!

A:大丈夫です!バイオチャレンジは紫外線を受けると遊離塩素が活性化し薄黄色に変色します。しかし、バイオチャレンジ本来の品質・能力に問題はありません。
Q:バイオチャレンジの液が素肌に触れてしまったら?

A:ご心配なく!バイオチャレンジは、食塩や砂糖と同じくらい安全ですから、肌荒れにいたることはありません。もし液がかかってしまっても、水道水等で簡単に洗い流せます。
Q:バイオチャレンジの原液はどれくらい保存可能ですか?

A:保管状況にもよりますが、しっかりと栓をして直射日光が当たらない常温で保管していただければ、約12ヶ月間は保存可能です。500mlスプレータイプも同様です。
Q:バイオチャレンジの液が微かに匂うのですが?

A:バイオチャレンジは空気と触れ合うと活性化し、活性化するとかすかな塩素臭(プールと同じかそれ以下)がします。空気と触れ合わず安定した状態ですと、ほとんど無臭です。ニオイの有無は、本来の性能には問題ありません。


ページトップへ