カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

 

市販ガソリンとガソリン缶詰の価格比較例

<市販ガソリンとガソリン缶詰の価格比較例>

市販のガソリン1Lを3年間保管し続けたときの費用とガソリン缶詰1Lの価格を比較してみました。

■市販レギュラーガソリン:125円/L(2006.11.23現在)
市販ガソリンの保存期間は3ヶ月(メーカー発表)ですので、年に4回入れ替えがあることにります。
つまり、このような計算になります。

125(円)×4(回)×3(年)=1,500円
ガソリン缶詰1L缶が800円ですから、
市販ガソリン3年費用−ガソリン缶詰= 1,500(円)−800(円)=700(円)
1Lで700円もお得ということになります!
もっと言えば、ガソリンの携行缶の一般的なサイズは15L容量ですから、これをかけると・・・

700(円)×15(L)=10,500(円)
10,500円お得ということになります。

ページトップへ