商品紹介

市販ガソリンとガソリン缶詰の価格比較例

<市販ガソリンとガソリン缶詰の価格比較例>

市販のガソリン1Lを3年間保管し続けたときの費用とガソリン缶詰1Lの価格を比較してみました。

■市販レギュラーガソリン:125円/L(2006.11.23現在)
市販ガソリンの保存期間は3ヶ月(メーカー発表)ですので、年に4回入れ替えがあることにります。
つまり、このような計算になります。

125(円)×4(回)×3(年)=1,500円
ガソリン缶詰1L缶が800円ですから、
市販ガソリン3年費用-ガソリン缶詰= 1,500(円)-800(円)=700(円)
1Lで700円もお得ということになります!
もっと言えば、ガソリンの携行缶の一般的なサイズは15L容量ですから、これをかけると・・・

700(円)×15(L)=10,500(円)
10,500円お得ということになります。


法人のお客様

資料請求・相談窓口

蛍光灯の飛散防止
"頭上の危険"に備える

防災資料室(無料)
防災担当さんの参考資料

防災スクール
防災グッズ専門店 グリーンクラブ 会社案内
送料・手数料

防災士日記

防災グッズ専門店グリーンクラブの防災士 木村周吾、A型さそり座です。

防災士として感じていることやイベントレポートをまとめた日記
                              
防災士の日記を読む

姉妹サイト

ペットのニオイを消したい方にプロもオススメです

バイオチャレンジを中心とする「もう一つのグリーンクラブ」です!お立ち寄りください。


Youtubeチャンネル

YouTubeチャンネル

日本スマート・ライフ研究による

”YouTubeチャンネル”です!

ページトップへ